MENU
caravan
戻る

キャラバンシューズ一覧



日本初から、日本一へ。
「キャラバンシューズ」は、日本の登山史にその名を刻んだ
トレッキングシューズの代名詞。

キャラバンシューズが初めて世に送り出されたのは、1954年のこと。
それは、日本山岳会隊のために開発された、日本初の軽登山靴だった。当時、まだ未踏峰だったマナスルへの初登頂を目指していた日本山岳会隊は、キャラバンシューズを履いてベースキャンプまでの長い道のりを歩き続け、1956年に、世界に先駆けて8,000m級の頂に立つという偉業を達成した。
キャラバンシューズは、その後の第一次登山ブームの追い風を受けて広く普及し、日本でいちばん愛されたトレッキングシューズとなった。誕生から60余年を経た今も、そのDNAはキャラバンのCシリーズに脈々と受け継がれ、山を愛する多くの登山者の足元を支え続けている。

PAGE TOP