MENU
caravan
戻る

テクノロジー

LAST(ラスト)

キャラバンでは、長年のノウハウを活かし、靴作りのすべての工程において歩きやすい靴作りをおこなっています。ラストとは「靴の木型」のこと。日本人の足に合わせた木型は、欧米人に比べて幅広・甲高が特長。靴作りに欠かせないこの工程では日本人の足に合わせたオリジナル木型を使用しています。また、各モデル特性に応じて数種類の異なる木型を使い分けているのも特長です。

LAST(ラスト)

アドバンスラスト(ウェッジトゥ)

従来の3Eラストよりもフィット感に優れたアドバンスラストをさらに改良。甲からつま先の高さを抑えたウェッジトゥ設計により、ホールド感をいちだんと高めました。
GK10ケブラー、GK80、GK81M、GK82W、GK83、GK84、GK8Xに採用。
GK21、GK23、GK24_GORETEX、GK24にはスペシャル・ウェッジトゥを採用。

アドバンスラスト スリムシェイプシリーズ

スリムな足形をしっかりホールドサポートする『スリムシェイプ』は、JIS規格上の2E基準数値だけではなく、独自のテクノロジーを組み入れて企画された、フィッティング性に優れた履き心地を実現したモデルです。

PERFORMANCE CHART

PERFORMANCE CHART

用途と機能性に応じて選べる、キャラバンの多彩なシューズラインナップ。

キャラバンでは、登山入門者から上級者まで、幅広いニーズに応える多彩なラインナップを取り揃えています。シューズをお選びいただく際に最も大切なのは、用途や求める機能性に合ったモデルを選ぶことです。たとえば、キャラバンの代表的なトレッキングシューズ「C1_02S」は、登山入門者にも使いやすいように軽くて柔らかい特性をもっていますが、高山の険しい岩稜帯歩きには向きません。逆に堅牢な構造のマウンテンシューズは、登山入門者には硬くて歩きにくいと感じるでしょう。本カタログでは、それぞれのシューズの特長がひと目で分かるよう5つの項目からなるパフォーマンスチャートで表しましたので、シューズ選びのひとつの目安としてご活用ください。

 

PERFORMANCE CHART

それぞれの靴の特長を5つの項目で
表現しました。

山行形態
4 : テント泊や縦走など
3 : 日帰り登山や山小屋泊など
2 : 富士登山や低山の日帰りなど
1 : 里山ハイキングからタウンユースなど
防水性
4 : ゴアテックス®+オールレザーアッパー
使用の優れた防水性
3 : ゴアテックス®使用の優れた防水性
2 : エアリファイン®使用の防水性
1 : 防水性は低い
剛性/硬さ
4 : 登山経験豊富な人向けの最適剛性
3 : 登山経験のある人向けの適度剛性
2 : 入門者向けの充分な柔らかさ
1 : スニーカー感覚の柔らかさ
耐久性
4 : ケブラーまたはオールレザーアッパー
(トゥバンパー+ラウンド補強)
3 : ポリエステルアッパー
レザーのコンビネーション
2 : ポリエステルまたはナイロンアッパー
合成皮革のコンビネーション
1 : メッシュポリエステルアッパー
合成皮革のコンビネーション
軽量性
4 : 300g~499gで非常に軽い
3 : 500g~599gで軽い
2 : 600g~899gで適度に重い
1 : 900g以上で重い
※性能チャートの数字は目安であり、必ずしも性能を特定するものではありません。

PAGE TOP