キャラバンツアー登山教室≪大野山≫編

山の奥深い魅力を感じながら、一緒に山を楽しむ『キャラバンツアー登山教室』。

山登りの楽しみ方だけでなく、自己危機管理の学びの場となる『机上講座』も開催し、初心者や入門者の方々にも、山に親しむ機会をご提案しています。
ここではツアーや体験会を体験ブログ【~ 登歩道(とほみち) ~】にて、その時の様子をご紹介します。

これから一緒に山登りを楽しんでみませんか。
※2020年度の『キャラバンツアー登山教室』はすべて終了いたしました。
次回は2021年4月からを予定しています。

キャラバンイベントスケジュールはこちら

キャラバンツアー登山教室≪大野山≫編

概要

開催日時:2020年12月5日(土)
場  所:大野山(標高:723M)
山所在地:神奈川県山北町県立大山丹沢自然公園
行  程: 谷峨駅>>>谷峨登山口>>>コース道標>>>十字路>>>大野山>>>谷峨駅
レ ベ ル:初心者

2020年度、コロナ禍における『新しい登山様式』を取り入れてのキャラバンツアー登山教室≪大野山≫

大野山山頂で開催される、晩秋の風物詩にもなりつつある『大野山アウトドアふゆフェスタ』。
今回で第9回目を迎え、地元でもすっかり定着した野外イベントとなっています。
今年はコロナ禍における『新しい登山様式』を取り入れ、密にならないよう人と人との距離を保つような配慮や、マスク着用・アルコール消毒など感染防止対策にも気を配りながらの開催となりました。

恒例となっているアウトドアメーカー出展のブースでは、サンプル品などを破格の【特別価格】で販売し、多くの人で賑わいを魅せます。
当日は、谷峨駅から登山スタート。
旧共和小学校側からのルートの一部で登山道が崩れてしまい通行止めとなっているため、今回は谷峨駅の往復ルートとなりました。

天気予報では朝方には雨が止む予報でしたが、あいにくの小雨が降る中での準備運動です。しっかりと最後まで山歩きを楽しむため準備体操は怠りません。

谷峨登山口を目指し、スタートします。
カラフルなレインウェアの花が咲くのも雨ならではの情景です。
登山口までは舗装路を歩いていくので、トレッキングポール先端のラバーキャップは装着したままで。

歩き始めてすぐに、酒匂川を渡るつり橋にさし掛かります。
こちらは『10人ずつ通るべし』という重量制限のあるつり橋です。
慎重に渡るキャラバン隊。
2隊に分かれて先発隊が渡り切るのを後方で待ちます。

実はこの橋、吊り橋なので揺れます。
歩行しているとあまり気づかないかもしれませんが、レンズ越しに構えていると上下に揺れてしまい写真を撮るのにちょっと苦労しました。
足元は木板橋となっています。雨降りの日など濡れていると滑りやすいので注意しながら渡りましょう。

川沿いには、真っ赤に染まった楓が。
12月初旬、丹沢の紅葉はまさに見頃を迎えていました。

水の流れを背景にした紅葉は、晴れていればとてもキレイに見えると思います。
ぜひ来年のキャラバンツアー登山教室にご参加いただき、一緒にこの景色を眺められたら嬉しいです。

谷峨登山口からは登山道いっぱいに敷き詰められた落葉の上を、心地よい踏み音を響かせながら頂上を目指します。

当日は雨で濡れてしまっていましたが、落ち葉が乾いているとリズミカルな葉音がとっても気持ちイイ登山道を歩きます。

落ち葉を踏みしめて、大野山山頂へ。

パッと被せるだけで雨や湿気からバックパックの中身を守ってくれる便利品ですが、機能はそれだけでなくパックが濡れて重くなってしまうことからも守ってくれるのです。
雨が降る前に、余裕をもって被せておくことが快適登山の第一歩ですね。

ただし、ショルダーハーネス側のバックパック背面(背負う側)はパックカバーがされていません。土砂降りの雨の場合はレインウェアの背中との間からバックパックが濡れてしまう事もあるので、中身の防水性を高めるには防水仕様のドライサック『SILICコーデュラ・ドライサック』などで荷物を小分けにして、バックパック内の防水対策をしっかり施すことが推奨されています。

グイグイ歩いて、まもなく本日の目的地である大野山山頂。
標高も上がり、スカイツリー634mよりも高い場所になると、ススキがお出迎え。

元々、頂上付近は牧場だったので高い木が少なく見晴らしが最高です。
心の目を凝らしてみると、辺りの景色がぼんやりと。ミエルミエル。。。

雲が垂れ込んで周囲の山々を覆い隠していますが、じっくり見ていると山肌を撫でるように雲が流れ動いている様子が見えて、これはこれで自然の美しさを感じる光景でした。

山頂の賑わいが伝わり、安心するキャラバン隊ご一行。
『大野山アウトドアふゆフェスタ2020』野外イベント会場は、もうすぐそこです。

今年も大賑わい『大野山アウトドアふゆフェスタ2020』

あいにくの天気にもかかわらず、この賑わい!
毎年恒例の大抽選会も。豪華景品が当たるチャンスということもあり大盛況でした。

山頂には大野山の山頂全方位板もあり、目の前に広がる風景を見ながら山々を楽しめます。

ここでも登場の『心の目』。
この方向には神々しく美しい姿をした富士山が・・・。

大抽選会を終えキャラバンブースに後ろ髪を引かれつつ、下山を開始します。

今回のキャラバンツアー登山教室では、中学生と小学生のお子さんも親子で参加いただきました。
キャラバンツアーを担当いただく山岳ガイドの方は、皆さんお話し好きが多いかもしれません。
気さくに一声かければ、それこそ“倍返し”で会話を交わすことができます。

毎回感じる事ですが、『親子で山登り』って本当に良いですね!
親子の”共有時間”を過ごせることで”思い出と絆”が、自然と育まれます。

山頂のキャラバンブースでも大好評だった、スタッフ1号も着用のスポーツクーリングマスク
山行中、外さずに使用し汗で湿ってしまっても息苦しくありませんでした。
乾きも早く、快適な着用感。
商品詳細はこちらからご覧くださいませ。

ゴール地の谷峨駅に到着。
頂上でのお買い物品を詰め込んだのか、少しだけパックが大きく膨らんで見えますね。

気づけばいつの間にか雨も上がり、お日様が顔を出しています。
こんな気まぐれなところも山歩きの醍醐味。

今日しか感じることのできない匂い。
今日しか見ることのできない風景。
『天気がイマイチだっていいじゃない、山歩きだもの』
誰かが言っていた言葉が、ふっと胸を温かくしてくれた、そんな晩秋の徒歩道でした。

日本の魅力でもある【四季】を感じる最高の景色を、こんなにも身近に感じられる山歩き。
ぜひ、コロナ禍における心のリフレッシュに、山歩きを、はじめてみませんか。

来年のイベント開催スケジュールが決まりましたらキャラバンサイトでご連絡致します。
その他のイベントなどもこちらをチェック!
https://www.caravan-web.com/calendar/

撮影、記事編集:キャラバン

今回ご紹介したアイテム

¥900 +税
¥2,200 +税