JAPAN MADE 探訪記[シャツ編]

織物の里「西脇」と縫製の地「長崎」にある山晴社シャツの生産工場を訪ねて

その昔、「播磨の国」と呼ばれた兵庫県西脇市は、日本でも有数の織物の里。江戸時代から続く歴史と伝統のある「播州織」の生産地として有名である。一方、鎖国時代に外国との唯一の玄関口となっていた「出島の国」長崎は、西洋文化の象徴のひとつである西洋シャツをいち早く仕立ててきた地。山晴社のシャツは、この2つの歴史ある地を舞台に、熟練した職人たちの手によって作られている。

「播州織」とは

播州織 神戸の北西部に位置する北播磨では、長年にわたり、自然と共生しながら「播州織」を育んできた。この地域で考案され、糸染め・織り加工されたものの中で、一定の品質基準を満たしているものだけが「播州織ブランド」に認定されている。播州織の一番の特徴は、「先染織物」であること。その手法により、自然な風合い、豊かな色彩、素晴らしい肌触りが生まれ、シャツにふさわしい質の高い生地に仕上がるのだ。

時間をかけて原糸を染め上げる

いくつもの生成り原糸を大きな窯に入れて、染料液をいっぱいに満たして染色する。内部まで色ムラが起きないよう、時間をかけて丁寧に染め上げていく。

織り機でシャツ生地を織り上げる

染め上がった原糸を織り機にセットする。複数色を組み合わせたり、緯糸・経糸を変えることで風合いや機能を付加させるなど、コンピューター制御された織り機が音を立てながら複雑な工程をこなし、生地を織り上げていく。

西脇で織られた生地を、長崎の縫製工場へ。ここで、山晴社シャツに仕立てられる。

生地をシャツのパーツごとに裁断する

パタンナーの指示書を基に裁断図面を描き、延反機で反物を広げて、裁断機やプレス機でさまざまなパーツに切り分けていく。ものによって生地幅の異なる反物も効率よく裁断していく。

各パーツを縫い上げて形にしていく

海外とは異なり、ここでは横並びでの立ちミシンによる縫製方式をとっている。それにより左右の進捗状況を確認することができ、日本ならではの気配り・気遣いによって円滑な作業を可能にしている。ミシン糸の送り出し調整などは、毎朝必ずチェックして状態を確認する。その日の天候や湿度によってミシン糸の走りの違いを感じ取れるのは日本人ならではの繊細さだ。

ボタン付けとアイロン掛け、そして検品

縫製を終えたシャツにボタンを付け、最後に熟練職人の手によって、一枚ずつ丁寧かつスピーディにアイロンが掛けられる。その隣では検品作業も同時進行で行われ、完成したシャツが積み上げられていく。

日本縫製シャツの細部に宿るクオリティ

市場で目にするシャツの多くは、安価な海外品が主流となっている。けれど、長崎のシャツ職人たちは言う。「生地の柄合わせ、襟や袖口のカフス形状など、細部にこそ日本で縫製されたシャツの『品の良さ』が見て取れる」と。この地で長年シャツ作りを行ってきた職人たちの、そんな言葉がとても印象深かった。