JAPAN MADE 探訪記[シューズ編]

革の加工産地「兵庫県姫路市」にある山晴社シューズの生産工場を訪ねて

その工場で見つけた、一足の古い試作シューズ。どこか懐かしいそのシューズを見た瞬間、すべてを理解した。これは、キャラバン初のトレッキングシューズ「グランドキング」の試作品だ。ここは、古くから革の加工産地として名を馳せ、革のなめし技術の高さが世界からも注目されている兵庫県姫路市。ここが、かつてグランドキングが誕生した地であり、今、山晴社シューズを生産している地でもあるのだ。海外のような大規模工場ではないが、職人たちが熟練の技を駆使し、丁寧に、手際よく、作り手の想いを込めてシューズづくりに取り組んでいる。グランドキングは時代の変遷とともに海外へ生産拠点を移したが、山晴社ブランドのシューズが再びこの地で生産されることになったのは、偶然ではなく必然のことかもしれない。


革の内部まで見極める職人の目利き

1枚革を作業台に広げて、職人の目利きで革の状態を丁寧に確認する。内部に隠れている血筋を避け、効率良く、しかも革の色ツヤが均一になるよう瞬時に見極めて、抜型で革を抜いていく。


微妙な調整が求められるトゥ部分の成型

基準線を照射してセンター位置を合わせ、トゥラスターで吊り込みを行う。専属の職人がアッパーの縫製状態を見極めながら、目視でセンター確認、手作業でセッティング、場合によっては微妙に吊り込み圧を調整しながら行う作業は、見た目以上に難しい工程。


革の状態を見ながら
かかと部分を成型

ここでは、かかと部分の成型作業を行う。ヒールシートを使い、トゥラスター作業同様に、目視によって革の状態を見ながら微妙な圧力調整を行いつつ、かかと部分を成型していく。


熟練技で底面のバフィング作業を行う

吊り込みによって底面に生じた革の凸部分を削り込む。それを通称「角切り」と言う。微妙な凸さえも丁寧に削り込んでいく。僅かな力加減や角度の違いで精度が大きく左右される、まさに職人技が発揮される工程。指先の感覚だけで状態を確認し、さらにリューターという機器で微調整する丁寧さ。


速さと正確さが求められる圧着作業

フラットになった底面に接着剤を塗布して熱を加え、それをもう一度繰り返す。そしていよいよ、手作業によりアッパーとソールを圧着させる。素速く、かつ正確に、貼り合わせ位置を決めて組み合わせていく。


個々の状態を見ながら圧力機で仕上げ

手作業で貼り合わせたアッパーとソールを、圧力機で圧着して仕上げる。力任せに圧力を加えるとソールが湾曲してしまうので、シューズの形状や革の質によって圧力を調整し、アッパーを傷つけないように作業が行われる。その丁寧かつ繊細な作業に、日本人の気質が現れている。


作り手の想いとともに化粧箱に収められる

完成したシューズは、仕様書通りに紐を通し、最終検品した上で化粧箱に納められる。仕様書には、こと細かな検品指示内容や複数の品質管理者印が押されている。

化粧箱に納められた一足のシューズ。
それは、多くの人の手を介して生み出されてきたものだ。
そこには、使い手を想い、丁寧なモノづくりに励む、日本人の心意気が確かに息づいている。
山晴社シューズ。
それは、日本人の手で、日本人のために作られたシューズなのである。