シューズメンテナンス

【お手入れの重要性】 使用後のメンテナンスで、シューズはぐんっと長持ちします。

1.ブラシで汚れを落とす

  • 使用後は靴紐を外し、インソールを抜いて、シューズブラシでアッパーや靴底の汚れなどを落とします。汚れがひどい場合は水を含んだスポンジなどで洗い落とします。

    ※ゴアテックス®など防水透湿素材を使用したシューズの場合、中に水が入るとなかなか乾かなくなってしまうので、表面だけを洗うようにしてください。

2.ギアクリーナーを吹き付ける

  • アッパー(革/ナイロン)にギアクリーナーを吹き付け、ブラシで軽くこすって汚れを浮き上がらせます。

    ※汚れがひどい場合は、水洗いなどで表面の汚れをある程度落としてからギアクリーナーを使用すると効果的です。

3.汚れを拭き取る

  • 汚れが浮き上がってから、かたく絞った濡れタオルなどで拭き取って、自然乾燥させます。クリーナーの成分が残っていると撥水剤での加工時に撥水効果が低下するので、しっかり拭き取りましょう。水で洗い流す場合は手早く行います。

    ※表面が湿っている状態で、引き続き撥水加工に移行します。

【フルグレインレザー、保革/撥水加工の場合】

4.コンディショナーやワックスで革に潤いを与える

レザー部分は、円を描くようにコンディショナーやワックスを薄く塗布して潤いを与え、自然乾燥させます。

【ナイロン&レザー、撥水加工の場合】

4.フットウェア撥水剤を吹き付ける

point:1撥水剤は乳白色の液体のため、表面になじみきらず白く残る部分があった場合は、きれいな布等で軽く拭き取ってから乾かしてください。

ボトルをよく振ってから吹き付け、5分ほどおいてからもう一度行います。吹き付ける場合は15㎝くらいの距離から、シューズ全体に均一に吹きかけます。その際は必ず屋外で行ってください。

※吹き付ける時、履き口に新聞紙などを詰めておけば内部に吹きかかるのを防止できます。

5.充分に乾かす。

  • 直射日光を避け、風通しの良いところで充分に乾かします。

    ※1で外しておいた靴紐とインソールも汚れを落としてからシューズに戻します。

6.消臭・防臭剤を吹き付ける

  • 消臭・防臭効果のあるオダーエリミネーターを吹き付け、完全に乾かしてから、型くずれしないようにシューキーパーや新聞紙を詰めます。押入などにしまい込まず、高温多湿な場所は避け風通りがある玄関の下駄箱などに保管しましょう。

point2:使用後のメンテナンスが最重要ポイントです。汚れを落とし、撥水加工を施すだけではなく、シューズの傷み具合など、すみずみまで目で見て、手で触れて確認することを習慣づけましょう。ソール張り替えや修理など、早期発見・早期対応が山行中のトラブルを未然に防ぐことにつながります。

専用クリーナー

FOOT WEAR《フットウェア用》

シューズをきれいに、より長持ちさせる高性能クリーナー&撥水剤。

【グランジャーズの特長】

  • 洗濯機投入タイプのクリーナーは硬水や軟水といった水質を問わずに使用可能です。
    また、防臭成分を配合していますので、ウェアをフレッシュに保ちます。
  • 「クロージング リペル」「パフォーマンス リペル」「2イン1 ウォッシュ&リペル」は撥水剤成分として環境に優しいアクリルポリマーを採用。アクリルポリマーは、撥水性を失ったDWR(耐久撥水)加工表地に撥水加工を施すとともに、高い透湿性を保つことができます。
    また、生物分解性があり、環境への負荷を最小限に抑えます。
  • ISO14001(環境マネジメントシステム)を取得するとともに、すべての商品においてブルーサイン®認証を取得し、環境や人体に対する高い安全性を約束します。

【ブルーサイン® スタンダード】

bluesignブルーサイン®とは、独立した第三者機関が製品の製造過程においての環境に対する安全性を証明する、現在では最も信頼性のおけるグローバル基準として広く認められているマークです。生産された製品の安全性はもちろんのこと、原材料や製造中に使用されるケミカルなど製造に関わるすべてが分析されます。