CLIMBING FOOTWEAR
 - クライミング フットウェア –

Unparallel(アンパラレル)は『日常から非日常まで』をブランドコンセプトに、
クライマーとバイクライダーのためのフットウェアを製造するカリフォルニア・ブランドです。

アンパラレル全商品 一覧

WHAT’S UNPARALLEL?

UNPARALLEL Factory

  • クライマーのニーズに応える『Hand made in California』クオリティを提供します
  • カリフォルニアの自社工場でクライミングシューズを長年製造してきた実績のあるファクトリーと熟練スタッフが一足ずつ丁寧にハンドメイド生産

UNPARALLEL Products

  • 多様なクライミングスタイルに対応する豊富な製品ラインナップ
  • フリクション性能に優れる『UNPARALLELラバー』はもちろん、熟練スタッフによるハンドメイド生産ならではの素晴らしいフィット感も魅力的
全商品一覧はこちら

UNPARALLEL Rubber

実績のある開発チームにより研究開発された高性能ラバー

  • 実績のある研究チームによりフリクション性能に優れる『UNPARALLELラバー』を新開発し、カリフォルニアの指定工場で製造
  • 目的に応じて特性の異なる複数のラバーを開発し、クライミングシューズ用に4種類のラバーを採用
  • リソール業者向けにラバーシートの供給も実施
  • RA(REAL ADVANCED):フリクション性能を維持しながら剛性と耐摩耗性を高めた新ラバー。NewTroシリーズに採用。(SHORE A:80-84)
  • RH(REAL HONOR):UNPARALLELラバーのベンチマーク。バランスのとれたフリクションと剛性を発揮。(SHORE A:76-80)
  • RS(REAL SUPREME):高フリクションラバー。低荷重でもシビアなフットホールドに対してフリクションを発揮。(SHORE A:65-70)
  • VD(VIRTURAL DEMPING):究極のフリクション性能を発揮。アウトソールだけでなく、ラバーパッチとしても使用。(SHORE A: 45-50)

LV(Low Volume)

同じモデルのノーマルラスト(足型)より全体的に細身となります。ユニセックスサイズで展開。

SUPPORT CLIMBERS

シューズテストを行った上で契約を交わすUNPARALLELクライマー

Tomoa NARASAKI

楢﨑 智亜

1996年生まれ、栃木出身。国際大会などの大舞台で活躍する世界的トップクライマー。
選手層の厚い日本のスポーツクライミング競技で、天性の身体能力を武器に、常に上位をキープし続ける。
IFSCクライミングワールドカップ・ボルダリング競技2019年間優勝。クライミング世界選手権2019ボルダリングおよびコンバインド優勝。
使用シューズ:レグルス/UPモック

Akito MATSUSHIMA

松島 暁人

1982年生まれ、東京出身。10代からボルダー、リードの両方でトップクライマーとして活躍。現在はプロルートセッターとして国内はもちろん海外でも精力的に活動。

Yuka KOBAYASHI

小林 由佳

1987年生まれ、茨城出身。幼いころから岩場で育った生粋のフリークライマー。日本代表選手としてワールドカップでも長く活躍。現在は岩場を中心に活動中。

Kensuke HAMADA

濱田 健介

1987年生まれ、滋賀出身。トラッド、スポート、ボルダーと幅広いクライミングを高いレベルでこなすマルチプレーヤー。ルートセッターとしても評価が高い。

Nobuyuki NAGATA

永田 乃由季

1987年生まれ、沖縄出身。個性的なキャラクターとクライミングスタイルが持ち味。プロルートセッター兼クライミングイベントプロデューサーとしても活躍。

Saari WATANABE

渡邊 沙亜里

1990年生まれ、京都出身。岩場でも大会でもプッシュし続ける一児の母。気合の入った登りは必見。オリジナルブランド「MUDHAND」でも持ち前のセンスを発揮。

Ryuichi MURAI

村井 隆一

1994年生まれ、千葉出身。高難度ボルダリングのレッドポイントをメインに活動し数々の成果を量産。岩場志向でありながら競技でもその能力を発揮し、好成績を残す。

Aika TAJIMA

田嶋 あいか

1998年生まれ、三重出身。学業と並行しながらも、リードクライミング、ボルダリング問わず、岩場も競技もオールラウンドに活躍し、高いパフォーマンスを発揮。

Taito NAKAGAMI

中上 太斗

1999年生まれ。福岡出身。10代で九州最難「ダチュラ5.14a/b」や比叡「カリユガV13/14」に成功。競技でも世界ユース大会でポディウムを収めるなど活躍している。

Shinichiro NOMURA

野村 真一郎

1997年生まれ、茨城出身。圧倒的な保持力を武器に岩場でのボルダリングで高い能力を発揮。2018年に塩原で五段クラスの課題を一日で3本完登するという記録を持つ。

Naoki SHIMATANI

島谷 尚季

1996年生まれ。千葉県出身。小学4年からクライミングを始め、競技を主に活動。2020年からは岩場に活動にシフトし、10月に瑞牆、恵那でキャンプ生活でのRockTripを敢行。期間中五段以上を5本完登することに成功。

Melody SEKIKAWA

関川 愛音

2007年生まれ。青森県出身。小学生低学年から母親と一緒にクライミングを始める。数々の大会に出場しながらトレーニングを積み、ボルダリングユース日本選手権ユースC女子で優勝。W杯優勝など大舞台を目標に据え活動中。

Sota AMAGASA

天笠 颯太

2000年生まれ。神奈川出身。ユース時代から国内外で活躍し、BJC2021/LJC2021では初の決勝に進出し4位入賞を果たす。スローパーホールドの処理に非凡な才能を発揮し話題となる。今後、国際大会での活躍に期待が集まる。

INTERVIEW

-村井隆一 × 野村真一郎-

岩場で多くの成果を出し、国内外問わずボルダリングで活躍するふたりに、
アンパラレルシューズの魅力を聞いた。

View