目的に応じた登山靴の選び方

登山靴に求められる機能性

登山に欠かせない道具の一つ、登山靴。
富士山に登りたい、これから登山を始めたいと考えている方で、何をそろえていいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
登山に必要な物はいろいろありますが、多くの方がまず挙げるのは「登山靴」だと思います。
舗装されていない道を長時間歩くことになりますので、自分の足と目的に合ったシューズを選びたいですね。

山に登る場合に登山靴は必要?

そもそも山に登るのに登山靴は必要なのでしょうか?
スニーカーが歩きやすいから山もスニーカーで行けるのでは?なんて考えたことがある方はいませんか。
登山靴には山を安全・快適に歩くために必要な機能が備わっています。

登山に求められる靴の機能とは?

山によっては登山道が整備されている比較的登りやすい山であってもごつごつとした岩場や足場の不安定な場所を歩いたり、小さな場所に足をかけたりと通常の街中とは異なることは言うまでもありません。
不整地をソール(靴底)の柔らかい靴で長時間歩くと疲れやすくなる為、ソールの硬さも重要となります。
また、靴底を見ると、登山靴は溝が太く、深くなっています。これは土や泥が詰まりにくくくする為です。
溝が浅く土・泥がついたままになると、岩場などで滑り、転倒してしまう恐れがある為です。
このように安全かつ快適に山を歩くために求められる機能が登山靴には備わっています。

登山靴に必要な条件は?

  • 悪路でも滑りにくく疲れにくい、安定して歩けるソール
  • 足首を保護してくれるカットの高さ
  • 捻じれにくい構造

カットが高い靴でも捻じれに弱ければ捻挫のリスクが大きくなります。一つ条件を満たしていれば大丈夫、というわけではありません。
舗装された道になれた現代人だからこそ、不整地である山で足元をしっかりと支えてくれる靴を選びたいですね。
特に大きく関係するのが「ソールの硬さ」(曲がり加減)「カットの高さ」(履き口の高さ)です。
その違いを詳しくご紹介します。

登山靴の違い

「登山靴」といってもいろいろな種類があります。
お店に行けば様々な形・デザイン・価格の物がずらりと並んでいて初めてに方には何がどう違うのかわからないのではないでしょうか。
靴によってどのような違いがあるのか、特に基本的な“ソールの硬さ”“カットの高さ”について違いをご紹介します。

ソールの硬さの違い

※商品モデル:C1_LIGHT LOW(キャラバン)

柔らかい
スニーカーのようによく曲がり、歩きやすい

  • ハイキング
  • 里山歩き
  • キャンプ・野外イベント

※商品モデル:C1_02S(キャラバン)

中間
適度に曲がり、登山靴の中でも歩きやすい

  • 日帰り登山
  • 低山歩き
  • 富士登山

※商品モデル:バルトロ GT(ザンバラン)

硬い
ソールが曲がらない分、小さな場所にも乗りやすい

  • 重い荷物を背負った登山
  • 縦走
  • 岩稜帯歩き

カットの高さの違い

ローカット
足首が動きやすく、歩きやすい
登山にはあまり向かない

  • 整備された道向け
  • ハイキング
  • 里山歩き

ミドルカット
歩きやすさと適度な足首のホールドを両立

  • 日帰り登山
  • 整備された登山道
  • 低山歩き
  • 富士登山

ハイカット
足首をしっかりサポートし、不整地が歩きやすい

  • 重い荷物を背負った登山
  • 縦走
  • 岩稜帯歩き

富士山に適した登山靴は?

  • ミドルカット~ハイカット
  • ソールは柔らか過ぎない中間程度

富士山は登山道も整備され、宿泊も小屋泊まりの為、3,776mの標高ながらそれほどハードな登山靴は必要ありません。
しかし、2,000m付近の森林限界を超えると草木の生えない土地となります。
安定感があり、しっかりと足元を支えてくれるシューズを選びましょう。

特集:今年こそ富士山へ

登山靴の選び方

サイズの選び方

登山靴は岩などにぶつかった際に足を保護するためにつま先が固くなっています。
そのため、スニーカーのように靴の上から押してサイズを確認することができません。
どのように履いてサイズを確認するのか見てみましょう。

①登山用靴下を履いて、つま先まで紐を緩めた登山靴に足を入れる

→靴下によってもフィッティングは変わります、必ず登山で使用する靴下で合わせましょう

②登山靴の中でつま先が靴とあたるように履く

③踵側に指を入れて確認する

→指がちょうど1本入るスペースがあればサイズが合っています

④踵側に足を移動し、つま先側から順に紐を締める

→足にフィットさせる為、紐は足先側から順番にひとつひとつ締めましょう

⑤足の甲や横側に不快な締め付けがないか確認する

⑥実際に歩いて確認する

→お店に確認用のスロープや階段がある場合はそこを登り下りして履き心地を確認しましょう

さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

登山靴の正しいフィッティング方法

登山靴と合わせて選びたい、登山用ソックス

単に丈が長い厚手のソックスであれば何でもいいというわけではありません。
ソックスにも登山の為に求められる機能があります。
より快適な登山の為に登山靴と合わせて選ぶのがおすすめです。

  • 擦れ防止・・・適度な厚さで足首周辺の擦れを防止する
  • 保温性がある・・・適度な保温性で汗をかき過ぎない、汗冷え防止につながる
  • クッション性・・・厚さによりソックスでもクッション性が得られます

それ以外にも、より機能的なソックスもあります

  • 吸汗・速乾・・・汗による湿気がたまりにくい
  • メリノウール使用・・・メリノウールには天然の防臭効果があり、2日間使用しても臭いが気になりにくい
登山用ソックス一覧はこちら

写真:RLメリノ・アルパイン

写真:キャラバンソックス RLドラロン・マダラックス

靴のお手入れは?

使用後のメンテナンスで靴の寿命も変わります。
山から帰ったら毎回しっかりとケアしたいですね。
使用するケア用品はお使いの登山靴の素材に合った製品をお使いください。

詳しい方法はこちら

シューズメンテナンスの方法